Vol.9 Experience interview – BUZZ

今回のOZORA Tokyo 2019は、ハンガリーOZORAフェスティバルに出演経験を持つDJ、アーティストが集結します。
そんな出演経験者たちから現地のリアルな体験記を聞く「エクスペリエンス・インタビュー」のコーナー。
第9回目のゲストは2016年にメインステージでプレイしたBUZZからお届けします!!

BUZZ

Q1. 参加した年を教えてください。
2016年です。

Q2. OZORAでのプレイはいかがでしたか?
朝方プレイしたのですが、その日は夜中から強烈な豪雨でした。しかし、豪雨でも関係ないダンサーのバイブスに上げられ、フロアの雰囲気を感じながら落ち着いてプレイできました。世界中のTOPと言われるアーティストと肩を並べ、メインステージに立てたことに感謝です。

Q.3 OZORAはどんな経験でしたか?
ルールや法律に縛られ、狭い日本で生きてきた分、Ozoraのあったかく、ゆる〜い環境に圧倒されました。とても影響されたフェステバルの1つです。言葉にするのは難しいです。なので経験してください。言葉にできない理由がわかると思いますよ!

Q4. 面白かったエピソード、あるいはしくじったエピソードを教えてください。
何万の人がいる中で奇跡的に偶然出会った友達と何か食べよう!ってことになりフードを求めてドームの前を歩いてた時に、たまたまWiFiが入り携帯を見ました。その携帯を見た一瞬で友達を見失い、迷子。何時間も探したけど再会できず。次の再会は日本でした。笑 楽しいひと時を逃しましたね。非現実的な世界で現実的行動は控えたほうがいいです。自分みたく迷子になりますよ。笑

Q5. OZORAに参加して何か変わったことはありますか?
メインステージの音楽が唯一ストップするサンセットタイム。あの時間をあの場所で過ごせば誰もが癒され、余計なことを考えることもなく、ポジティブになれます。それはそれ、あれはあれと、なんでも広く割り切れるようになれました。自由って最高ですw

Q6. OZORAとはあなたにとってどんなフェスティバルですか?
DJとしてOzora Festivalに出演できたことは金賞を貰ったのと同然。良い経験と肩書きをGETできた最強フェスティバルです。

Q7. 今回のOZORA Tokyoにかける意気込みと、メッセージをお願いします。
Ozora Festival 2016でも同じことを思ってやってきましたが、Ozora Tokyoでも遠慮なしに自分を出していくので是非Deepな音を聞きに来てほしいです。ここでやらないとどこでやるの!ってぐらいの!!
ではでは当日会えることを楽しみにしています。#妥協なし!#アゲオゾラ!

BUZZによる、OZORA 2016のLIVE音源はこちら!!
WEB : http://sangomarecords.com/artist/buzz/
Facebook : https://www.facebook.com/dj.buzz.Japan/
Soundcloud : https://soundcloud.com/buzz-eiichi

関連記事一覧

PAGE TOP